ホーム>結婚にまつわる言い伝え

結婚にまつわる言い伝え

ウェディングにまつわる言い伝え~幸せのおまじない

ウェディングブーケは、ドレスを引き立てるだけの装飾品ではなく、様々な由来があると言われています。
こちらでは、ウェディングブーケの由来とブーケトスについてご紹介したいと思います。 


ブーケの由来1.jpgウェディングブーケの由来

ブーケとは、花や素材を集めるという意味で、フランス語の「Bouquet」が語源となっています。

日本では、第二次世界大戦後の欧米文化の影響で、西洋の結婚式が浸透したことから、花嫁様がブーケを使用するようになったといわれています。近年では、和婚ブームの影響により、「扇子ブーケ」なども注目を浴びています。

ウェディングブーケは白が特徴となっています。白には、昔から「魔除けの色」という意味があり、悪霊など悪いものから花嫁を守るという意味も込められて、白いブーケが使用されたといわれています。キリスト式の挙式では、ユリやバラなどの、白花を特徴としたブーケがスタンダードです

ブーケトスの由来

ブーケトスは、ヨーロッパのウェディングで行われたものと言われています。花嫁の幸せにあやかろうとした参列者が、ウェディングドレスを引っ張って、ブーケの花や小物などをとった事と言われており、その対策とされたのがブーケトスなのです。その行動により幸せをおすそ分けするという意味で何かを投げるという事につながり、ブーケトスとなっていったのです。

最近では、ブーケトス用のブーケと、花嫁のブーケを分ける事が主流になってきました。その理由は、長期保存ができるプリザーブドフラワーのブーケなどが定番となってきたので、お式の後も思い出を残したい花嫁が、トス用ブーケを別に用意するようになったのです。

ブーケトスは未婚女性にとっては最大のイベントです。しかし最近では、男性が行うブーケトスも浸透してきているのです。新郎が新婦のガーターベルトを外して後ろ向きに投げ、受け取った方が次の花婿になるという言い伝えなどもあり、女性だけではなく、男性にとってもブーケトスのイベントは重要となってきています。

当店ではウェディングブーケはもちろんの事、トス用ブーケのオーダーも承っています。

素敵な色合いが特徴ですので、結婚用ブーケをお探しの方は一度ご覧になってください。


花冠の由来

花冠の歴史はウェディングブーケよりも長いと言われています。二百年以上前からヨーロッパの花嫁さんが、ウェディングブーケを持つ代わりとして、頭に花冠をのせていたといわれています。

その当時は、白いギンコウバイやオレンジの花で作った花冠が主流だったそうです。この二種類を用いられていた理由は「白は純潔を表す色」「オレンジはたくさんの実をつける」という事から、子宝に恵まれるようにという意味合いが込められていたそうです。

また、古代ギリシャでは、結婚式だけでなく、祝祭などの特別な日に花や植物を編みこんで冠にし、頭にのせるという習慣があったそうです。

花冠に人気の花材の意味

 

   ・ガーベラ
       熱愛・崇高な美・崇高な愛・童心にかえる

   ・ピンポンマム
       高貴・真実・君を愛す

   ・ダリア
       優雅・華麗・感謝

   ・ブルースター
       信じあう心・幸福

   ・カーネーション
       純愛

   ・紫陽花
       ひたむきな愛情・忍耐強い愛情・元気な女性

   ・バラ
     <ピンク>
       上品・気品・温かい心・満足・愛を持つ・輝かしい
     <白>
       心からの尊敬・純潔・清純・恋の吐息・相思相愛
     <赤>
       情熱・愛情・あなたを愛します・美・熱烈な恋・私を射止めて
     <黄色>
       友情・献身・美・さわやか・あなたを愛します
     <オレンジ>
       恋愛の達人・魅惑・信頼・絆
     <紫>
       誇り・気品・上品・王座・尊敬
     <青>
       神の祝福・奇跡・夢が叶う
     <つぼみ>
       愛の告白・恋の告白
     <野バラ>
       やさしい心


花冠の意味.jpg花冠について

結婚式で取り入れたいと、人気が上昇している花冠ですが、中には花冠を取り入れたくても「似合わない」「バランスが悪く見える」という理由でなかなか手に出す勇気がないという方がいるのも事実です。しかし花冠は、のせ方や、髪型を変えるだけでとても素敵になる装飾品なのです。

こちらでは花冠に似合うヘアスタイルやのせ方についてご紹介したいと思います。

花冠ののせ方

花冠はお花の大きさや、デザイン、つける場所によって大きくイメージが変わります。

小さめの花がぎっしり詰まった花冠は、前髪にかからないようにまっすぐ上目にのせます。そして、少し斜めにかぶることでも印象が変わります。

また、花冠にレースを付けるとよりガーリーに!実ものを入れるとナチュラルに魅せることもできます。

大きめの花が特徴の花冠は、前髪に載せるような感じで額に掛かるように深めにかぶるとバランスがよくなります。

花冠に似合うヘアスタイル

 ショートヘア編

 スッキリしたショートへアの場合には、後ろ髪部分を外側にはねさせることでより女性らしく見せる事ができます。
 細めの鮮やかな色合いの花冠を額の部分までかぶると個性的。

 後ろ髪がすっきりしているため、花冠にレースリボンなどを施すだけでも華やかになります。

 

 ボブヘア編

 ボブヘアの場合は、シンプルにストレートボブヘアに大きめの花冠を軽くかぶるだけでも華やかになります。毛先を
 カールし、大きめの花冠を額のあたりまで深くかぶるのもおすすめです。

 編み込みにして、後ろ髪をスッキリさせ、ナチュラルな花冠をのせても華やかになります。

 

 ロングヘア編

 ・ゆるふわハーフアップスタイルで、細めのカラフルな花冠をのせるとキュートです。

 ・前髪を斜めに編み込み、同じ角度に小花の花冠をのせると上品な仕上がりになります。

 ・サイドをスッキリさせたヘアスタイルには、シンプルな小さいお花の花冠が合います。

 ・サイドアップの場合、神と同じ方向で、同じ角度にのせるとより素敵に見えます。

 ・アップルスタイルでスッキリ見せたい場合は、グリーン中心の花冠でも華やかになります。

 ・アップスタイルで細めのシンプルな色合いの花冠を軽くのせるとスタイリッシュな印象になります。

 ・ハーフアップでは、毛先をゆるいカーブにし、ナチュラルな花冠を組み合わせると華やかです。

 ・前髪アップスタイルの場合は、額の部分をグリーンのみでスッキリと見せ、後ろの部分を花にする花冠も
  大人っぽい雰囲気で素敵になります。

 ・まとめたヘアスタイルや、巻きスタイルにはかすみ草の花冠を使用するのも素敵です。

 ・重めの前髪をアップでスッキリさせ、アンティーク風に花冠をのせても素敵でしょう。

 


 

他にも花冠には様々な花材が使われます。

当店では、お好みの花冠を提供しております。好きなお花、素敵な意味を持つお花など、希望するお花をチョイスする事もできます。

バラやガーベラはもちろん、かすみ草の花冠も人気を集めています。

また、かわいいウェディングブーケや、人気の花冠もプリザーブドフラワーにてお作りいたします。三重県にお住まいの方はもちろん、その他の地域にお住いの方もぜひ当店をご利用ください。
 

marriage.png

1.ブーケ
  花嫁がブーケを持つ習慣は、男性が野の花を摘み、愛する人にプロポーズの意味を込めて贈ったのが始まりで、
  今日でもブーケの費用は男性が負担して花嫁に贈るのが習わしと言われております。

2.ブートニア
  男性のプロポーズに対し、女性がイエスの返事として その花束から1輪抜き取り、彼のボタンホールに挿したのが
  ブートニア。

3.ブーケトス
  挙式のあとで、ブーケを独身女性に向かって投げるブーケトスは新婦を見守ってくれた天使たちが次に幸せになる
  女性のもとへ行くように!との意味から。
  ちなみに、新郎が新婦のガーターをはずし、独身男性に投げるのも同様の意味合い。
  そして、投げられなかったもうひとつのガーターは2人の赤ちゃんが誕生したとき、赤ちゃんのヘアバンドとして使
  う習わしがあります。

4.ウェルカムフラワー
  花の形がカップに似ていることから さまざまの事を受け止めるカップのように幸せを受け止めてというおまじな
  いを込めて入り口に飾ります。

5.アロマパワー
  香りのよい花には魔除けの力があるといわれ、花は神聖なセレモニーには欠かせない存在。
  芳香を放つ花としては、ライラック、オールドローズ、水仙、ジャスミン、ヒヤシンス、クチナシなどが代表的。
  (残念ながらプリザには花特有の香りを楽しむことができません) 

6.ユリ
  ユリは聖母マリアを象徴する花。
  ヴァージニティー(処女性)を意味する花なので、花嫁を飾る花として貴重な意味があります。

7.アイビー
  アイビー(つた)はグリーンの持つイメージから永遠を象徴するもの。
  ウェディングの花飾りには人気があります。ブーケのアクセント、会場のあしらいと応用が効きます。

8.オレンジ
  ヨーロッパでは古くからヘッドコサージュにオレンジの花を挿す習わしがあります。
  それはオレンジの果実の丸みとその黄金色が「完全」と「無限」を表し、たわわに実ることから子宝を祈るお守り
  として。

9.アーモンド
  アーモンドはたくさんの実をつけることから子宝に恵まれるようにとのおまじないの意味。
  ドラジェはアーモンドの実をかたどったもの。

10.フラワーシャワー
  教会から出てくる二人に花びらをまいて祝福するフラワーシャワー。花の香りでまわりを清め、幸せを妬む悪魔
  から二人を守るという意味。
  ちなみに、ライスシャワーは一粒のお米がたくさんの実をもたらすように、二人が神の恵みを受け、実りある暮ら
  しができるように、との意味。

 71411.jpg

 Q1.花やブーケのスタイルの選び方
  ドレスのデザインを基本にブーケを考えるのがいいでしょう。また、大切なのは、花嫁様の身長や体系とのバラン
  ス。挙式には高貴な印象の白い花にグリーンを添えるのが正統派ですが、ポイントに差し色を入れてオリジナリ
  ティーを出す花嫁さんも増えてきました。

Q2.挙式用とお色直し用のブーケ
  最近ではドレスを1着で通し、ブーケを着替えてイメージチェンジされる方が増えています。挙式は厳粛なものな
  ので場所柄やドレスを考慮しつつ、白を中心とした品格を感じさせるものがいいでしょう。いっぽうパーティーで
  は堅苦しさをなくし、花嫁さんの個性や雰囲気、会場のムードなどを考え「らしさ」を大切にしたものにすると
  イメージがガラッと変わりますよ!

Q3.ブーケにふさわしい花、ふさわしくない花
  挙式ブーケは白や淡い色を選び、厳粛なムードにふさわしい気品を感じさせる花材を選びましょう。
  パーティーでは花嫁さんの個性を強調したカジュアルなものも素敵。プリザーブドフラワーなら通年いろいろな
  花選びをすることが可能ですが、季節感を意識したカラーリングをするのもよいでしょう。
  日本ではウェディングブーケに人気のカラーですが、国によっては「お葬式の花」というイメージが強いところも
  あるので海外ウェディングをされる花嫁さんは事前に確認された方が無難かもしれません。

Q4.教会の花飾りにタブーは?
  宗派によって異なりますが、基本的な決まりごとはないようです。それぞれの教会にあらかじめ相談されると安心
  です。

Q5.予算はどのくらい?
  花材、デザインによります。Price Listをご参考になさってください。具体的なイメージがお決まりでしたら無料
  でお見積りさせていただきます。
  一般的に式場の花屋で頼むと割高になります。持ち込みの場合、持ち込み手数料が発生する会場もあるようなの
  で、事前にご確認を!

Q6.ブーケの持ち方は?
  ブーケハンドルの根元を片手で持ち、もう一方の手を添えるような感じで。
  自分のおへそのあたりで両手が重なるように持つと長時間持っていても疲れませんし、ドレスもブーケもきれいに
  見えます。バッグブーケはシーンに合わせて、両手を添えて軽く持っていただいても可愛らしく見えますし、腕に
  かけてもよいでしょう。

Q7.人気のブーケは?
  ラウンドブーケは大人っぽくもキュートにも演出できるので根強い人気です。カレンではお色直し用にハート型の
  バッグブーケが高い人気を集めております。お式の後に大切な方と幸せを分かち合いたいという新婦様には
  シェアブーケも支持されております。 


 somethingfour.png

4つのSomethingを花嫁が身につけウェディングを迎えると幸せが訪れるという幸せの言い伝えがあります。

1.Something Blue(何か青いもの)
  青いものは純潔や清らかさの象徴。「幸せの青」”Something Blue”を身につけて…

2.Something New(何か新しいもの)
  新生活へ、未来へ踏み出す第一歩として何か新しいものを身につけて…

3.Somehitng Old(何か古いもの)
  祖先から伝わる経済的安定という意味。経済的安定を願って母や祖母から何か古いものを譲り受けて…

4.Something Borrow(何か借りたもの)
  幸せな結婚生活を送っている人から何か借りるということでその幸せをあやかろうという意味。

あなたも幸せのおまじない試してみませんか!